朝起きると、しばらく腰が痛い(67才 男性 S・S様 無職)

目次

S・S様の相談内容

3ヶ月前ぐらいから布団から朝起きた時に、腰が痛くなりしばらく起きて家の中を歩き回っている内に輿の痛みは収まっていた、しかし、最近は午前中ぐらいまで症状が治まらないことがあり、市販の湿布を貼ったりコルセットなどもしたが治るどころか痛い時間が長くなってきたので心配になり来院した

ウォーキングとゴルフが趣味なので、ウオーキングはできるが腰に負担がかかるゴルフは現在やめている。

S・S様の容態

初診時には午後で腰には痛みがなく立ったり座ったりまた、前屈や後屈をしてみても特に問題はなかった、うつぶせになって腰部を圧迫してみても痛みが強くなることもなかった、また臀部から大腿部にかけても痛みやシビレはなく午後の時間帯は大変良好な状態だった。

朝、布団から起き上がってしばらくは痛みがあるが、 痛みがなくなる午後はウォーキングをする事もできる

初回検査結果

初回の画像検査の状態は腰は右よりも左側に痛みが強くでていて腰椎3番に変形が見られた、骨盤は背部から見ると左側が上方にありなおかつ後方に変位し前傾角度も浅く、腰椎は左側、胸椎は右側に湾曲があった

筋電図では胸椎は右側に腰椎は左側に筋緊張に偏りが見られた

背部の赤外線サーモグラフィーの検査では特に異常な温度の高さは見られず神経の圧迫はなかった

当院で行った施術内容

S・S様の痛みの原因は骨盤の歪みなどで腰椎の前傾がなくなったことで腰部のクッションの役割がなくなり、左右の腰部から背部にかけての筋バランスが乱れたことと、長年やってきた趣味ができなくなるのではというストレスから来ていると判断して

検査結果を基にトムソンベッドで骨盤の矯正からはじめた、左側の骨盤に上方、後方変位があったので前下方に矯正し右骨盤ともそれに伴い調整した、腰椎は左側、胸椎は右側に歪みがあったので調整した

今回は腰回りのトリガーポイントは認められなかったので特に施術は行わなかった

オリキュロセラピーでは腰痛のポイントに筋肉の緊張を緩めるポイントを追加した

トルクリリーステクニックではLーC5、Lー仙骨底、LーOCCのリスティングを施術した

初回の施術が終わり背骨~骨盤の画像検査をして施術前と比較してみると明らかに改善が見られた

2回目(3日後)

腰痛は朝起きて昼頃まで痛いということはなくなりましたが、朝の痛みは相変わらずです

7回目

朝布団から起きたときの腰の痛みは、大分楽になり痛んでいる時間も短くなりました、朝以外は痛みを忘れています

10回目

ゴルフをしてきました、なんとか18ホール回ることができましたゴルフ後も腰痛は起きませんでした

施術を終えて

初回の来院時にはなぜ痛くなったのか、なぜ治らないのか原因も分からず、とても不安があったと思いますが、検査等で徐々に痛みのでた原因が判明してきたので、施術も含めて患者さんご本人も症状改善に向けて意欲的でした。

筋骨格系の問題は正しい位置に背骨や骨盤が戻れば、筋肉もそれに伴いバランスが取れてくるので問題ありませんが、何よりご本人が前向きだったので、改善も早かったのではないでしょうか

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる