本当に必要? 産後の骨盤矯正のキソ知識

出産をされた方の中には、産前にくらべて体型が変わったり、感じたことのない身体の不調が発生したりと、さまざまなからだの変化が気になる方が多いようです。

院長

今回はそんな方に知ってほしい、産後の骨盤矯正に関する知識をお伝えします。

目次

産後の身体はどのように変化している?

妊娠した女性の身体には、出産するための準備となるさまざまな変化が起こります。

院長

その中の一つが、「リラキシン」というホルモンの分泌。

このホルモンには筋肉や靭帯を緩ませるような作用があり、それによって骨盤は出産に向けて徐々に開いていきます。

妊娠中に開いた骨盤は、産後もゆるい状態がつづくため、その後の子育てなどで無理な体制をしたり、身体に負担をかける姿勢でいると、骨盤にゆがみが生まれてしまうのです。

骨盤にゆがみが生まれると、たとえばこんな症状が表れることがあります。

①腰、股関節、ひざなどに痛みを感じる

骨盤のゆがみによって、その周りの骨や筋肉のバランスが崩れてしまっているかもしれません。この場合、湿布などで一時的に痛みが和らいでも再び痛みがもどり、そのままにすると悪化する可能性があります。

②生理痛が以前よりひどく感じる

骨盤がゆがむことによって、骨盤内への血流や神経に変化が生じ、子宮への血行不良や神経機能の異常が起こりやすくなります。血行不良や、神経の乱れが、生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)などの原因になる場合があります。

③体重は以前と同じなのに、以前よりおなかがぽっこり出ている

骨盤が開いている状態だと、おなかではなく背中の筋肉を使う姿勢になります。もともとあったおなかの筋肉が減り、脂肪がつきやすくなるため、ぽっこりおなかの原因になります。

④おしりが大きく見える

骨盤が開くということは腰が下がっている状態。正面から見た時に横に骨が出ているようになるため、おしりが大きくなったように見える場合があります。

産後にこれらの症状が思い当たる方は、骨盤のゆがみが起きている可能性があります。

そもそも産後の骨盤矯正は必要?

実は、産後に開いた骨盤というのは、数ヶ月をかけてもとに戻ります。

院長

なので出産されたすべての方が受けるべき施術、というわけではありません。

一方で、さきほど紹介したような悩みや症状が産後に感じられた方は、その開いた骨盤がもとに戻る過程でゆがみが生じた可能性があります。

そのような不調を治すためには、治療院などで、骨盤の歪みを直す矯正が効果的なので、もしあまりにも症状が気になるようであれば、治療院で診てもらうことをおすすめします。

いつから通えばいいの?

まずよくご相談を受けるのが通院のタイミングについてですが、当院の場合だと、出産後からなるべく期間を空けず、早めに治療を受けることをおすすめしています。

なぜなら、産後の骨盤は柔軟性があり動きやすい状態なので、ゆがみを矯正しやすい傾向にあるからです。

しかし、たとえ出産から何年も経ってからでも手遅れということはありません。骨盤が固まっている状態のため、産後すぐ受診した場合に比べて通院回数が増える場合がありますが、適切な治療で骨盤のゆがみをなおし、悩みにアプローチすることで、効果は現れます。

院長

何回通院するかは治療院の方針や症状によってさまざまですが、当院の例を挙げると基本は「1週間に1回、計5回」となります。

まとめ

産後のお母さんはお子さんのお世話に忙しく、なかなか自分の体調を見つめ直すのも大変な時期。ですが、悪化を防ぐためにも、ぜひ治療院で診てもらうことをおすすめします。当院では過去に10万人以上の施術実績がありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる